新種目ソフトボールの球種について

ソフトボールには、野球のように様々な球種があります。

まずは、基本のストレート。これは、スピードが速く、大きな変化をしない球種です。ソフトボールは、ピッチャーとバッターの距離が近いので、100km/hの球だと体感的に野球の140~150km/hくらいに感じるといわれています。

チェンジアップ。これは、ストレートと同じ投げ方ですが、ストレートよりスピードが遅く、バッターのタイミングをはずす球です。

ライズボール。バッターから見るとストレートと同じに見えますが、バッターの手元で浮き上がるため、空振りになったり打ち損じたりします。

ドロップ。野球で言うフォークボールのように、バッターの手元で落ちる球です。

カーブ。ピッチャーの利き腕とは反対方向に大きく曲がる球です。ストレートに比べてスピードが遅く大きく曲がるのでとても打ちにくい球です。

スライダー。ピッチャーの利き腕とは反対方向に鋭く曲がりますが、カーブと違いスピードが速い球です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA